MDSD モデル駆動型ソフトウェア開発

モデル駆動型ソフトウェア開発

モデル駆動型ソフトウェア開発は、システムの設計情報からソースコードなどの実装成果物を自動生成します。

設計情報に変更が発生すると、実装成果物は再生成されます。

実装成果物を自動生成することにより、コーディング作業を大幅に減らし、人為的ミスによるバグの混入を減らします。

モデル駆動型ソフトウェア開発は、ソフトウェア開発の新しい形であり、従来のソフトウェア開発手法を大きく変える可能性を秘めています。

mdsdイメージ

UML

当社のモデル駆動型ソフトウェア開発は、モデリングの標準である UML を利用します。

UMLは広く認知された統一モデル化言語で、世界中で大勢の人が利用しています。

そのため、モデル駆動型ソフトウェア開発に馴染みのないエンジニアにも理解可能であり、ソフトウェアの構造を認識するには十分な表現力を持っています。

mdsdイメージ

MDA

UML 標準を定めた OMG は、UML を活用したモデル駆動型ソフトウェア開発のためのガイドラインを作成しています。

当社では、MDA の目指すモデル駆動型ソフトウェア開発手法に則り、実装成果物を自動生成する仕組みを考案しています。

モデル駆動型ソフトウェア開発に利用する、有償ツール、無償ツールを選定し、ソフトウェア開発プロジェクトで利用します。

mdsdイメージ